界壁の耐火性能、遮音性能(その1-仕様ポイント)

〔1階ビルトインガレージの界壁の施工状況〕

今回は、界壁(かいへき)の耐火性能、遮音性能を満たすための仕様ポイントについてご説明いたします。

界壁は、共同住宅において、各住戸を仕切る壁のことで、この間仕切り壁は、基礎から小屋裏(屋根)まで隙間なく施工されるため、隣戸の騒音や火災を容易に侵入させません。

【界壁】
界壁とは、共同住宅において、各住戸の間を区切る壁のことをいいます。建築基準法で耐火性能や遮音性能が求められ、小屋裏又は天井裏に達するように設けなければなりません。
※建築基準法改正(2019年6月25日施行)により、「防火性能を強化した天井」と「遮音性能を確保した天井」を設ける場合には界壁は小屋裏又は天井裏に達する必要がなくなりました。いずれにせよ、「耐火性能」「遮音性能」の2つは必須条件です。

GarageHouse(賃貸ガレージハウス)京都南の場合、1階のビルトインガレージに火災の原因となり得る自動車を保管するため、界壁の仕様についても慎重に検討を重ねました。その結果、壁内をグラスウールで充填し、石膏ボード(プラスターボード、1.2㎝)、及び外壁用の窯業系サイディング(耐火等級4(最高等級)、1.6㎝)を二重で両面に貼る仕様となりました。また、天井部分は、パルプ繊維混入セメント板(30分準耐火構造、1.2㎝)を貼り、防耐火性能にも配慮しました。

さらに遮音性能を高めるため、界壁の外側と内側の間柱を千鳥(ちどり)で配置しています。各住戸の壁を共通の柱や梁に固定せず、それぞれの手前側の間柱に固定するので、音が直接伝播するのを防ぐことができ、遮音性能を向上させるものです。

〔界壁の外側と内側の間柱を千鳥で配置(2階リビング部分)〕
※ 千鳥とは、青と赤の線に沿って間柱を左右にずらして配置すことをいいます。

界壁の耐火性能、遮音性能を満たすためのポイントは、以下のとおりですが、施工品質の良し悪し以前に、ルールさえも守られていない事例がニュース報道されていましたので、施主である私も関心をもって、現場の施工状況を点検しました。

【界壁の仕様ポイント】
界壁の厚さは、10㎝以上
・界壁内に厚さ2.5㎝以上のグラスウール(かさ比重0.02以上)又はロックウール(かさ比重が0.04以上)を隙間なく充填する
界壁の両面に厚さ1.2㎝以上の石膏ボードを2重貼り

点検結果については、次回「界壁の耐火性能、遮音性能(その2-施工ポイント)」でご説明いたします。