天然木のメリットが勝るオーク、杉の無垢フローリング

〔ダイニングの床:オークの無垢材(オスモカラー塗装)〕

GarageHouse(賃貸ガレージハウス)京都南は、家の中でも日々素肌が直接触れる床には、メリットが勝る天然木100%の無垢フローリングを選択しました。用途ごとに性格の異なる2種類の無垢材を選び、硬くて耐久性のある「オーク」は、玄関ホール、ダイニング、リビング、ベットルームの床に、手触りが柔らかい「杉」は、天井が低いロフトの床に貼りました。これらの自然素材を使う理由は、トルエンやホルムアルデヒト、防腐剤などの化学物資による「空気の質」の劣化を避けるためです。いつまでも健康であるためには、家そのものが健康である必要があると考えているからです。

無垢材のメリットは、湿度の高い梅雨時に素足で歩いても足の裏でべたつかず。サラサラした足ざわりで気持ちよく、過ごせることです。真冬でもエアコンの暖かい熱を木の中に蓄えるので、ほんのり暖かく感じられるところです。さらに、部屋に入ってきた紫外線のほぼ全てを無垢材が吸収し、乱反射しないので、肌や目に優しいという特長が挙げられます。何よりも、無垢材の木の香りが心地よく、リラックスした気持ちになれる癒し効果が挙げられます。

【無垢材の優れた特性】
(1) 調湿作用
空気中の水分を吸放出し、ダニの繁殖やカビの発生を抑える調湿作用があり、インフルエンザなどのウイルスは、湿度50%以上になると不活性化するという研究データもあります。また、梅雨の湿度が高いときでも、床の表面はさらさらしており、素足でも足の裏がくっつかず、快適に過ごせます。
(2) 保温・蓄熱効果
木の中に多くの空気層を含んでおり、熱伝導率が低く断熱性能が高いため、直接触れても体熱を奪いません。エアコンの暖かい熱を木の中に蓄えるので、素足で触れても木のぬくもりを感じられます。
(3) リラックス効果
木の精油成分が放つ香りは、ストレスを和らげる心理的作用をもたらし、森の中に居るようなリラックス効果を与えてくれます。木の香りはダニの活動を抑制する効果があり、アレルギーやアトピーの諸症状を緩和させます。接着剤などの化学物質を含まない無垢材は、シックハウス症候群を引き起こしません。
(4) 紫外線吸収
木材は紫外線を吸収するため、木材から反射する光には、ほとんど紫外線は含まず、目に優しい光を届けてくれます。部屋の照明も程よく吸収し、拡散するので、独特の光沢となって目に映してくれます。
(5) 吸音効果
無垢材は、音を吸収する吸音効果があります。コンクリートの室内では、音を吸収せず反射してしまい、残響音が響き渡りますが、無垢材を使うと、高音域から低音域までの生活音を軽減してくれます。

なお、この無垢材の優れた特性を活かすために、オークの無垢フローリングには、「オスモカラー」を塗装しています。オスモカラーは、植物油(ひまわり油、大豆油、あざみ油)と植物性ワックスからできたドイツのオスモ社の自然塗料で、化学物質を一切含まず、食品と同レベルの高い安全性を誇るため、人と自然にやさしい塗料です。その最大の特長は「木の呼吸」を妨げないところです。ウレタン塗料のように表面に塗膜を張るのではなく、オイルが素材感を残したまま内部に深く浸透することによって、木本来の調節機能を発揮させ、四季を通じて心地よく健やかな住空間づくりに貢献します。
※ オスモカラーの詳細は、こちらをご覧ください。(出典:オスモ&エーデル株式会社「ホームページ」)
https://osmo-edel.jp/product/osmocolor/

無垢フローリングは、施工してから日々の暮らしとともに、木目の風合いが味わい深くなっていく経年良化が魅力です。GarageHouse 京都南で、デニムやレザーのように使い込むほど自分流の風合いになる無垢フローリングで暮らす楽しみを始めてみませんか。

ところで、毎日、昇り降りする階段は、黒鉄色のスケルトンフレームに載せる踏板を「タモ」に決定しました。その理由は、「階段はスケルトンフレームとタモの踏板でシンプルに構成」でご覧ください。

〔ロフトの床:杉の無垢材(養生中ですが、左側に少しだけ見えます。)〕