べた基礎の防湿シート施工とビルトインガレージ

〔防湿シートの施工状況〕

GarageHouse(賃貸ガレージハウス)京都南のべた基礎に防湿シートが施工されました。

―防湿シートは、構造木材の腐朽や蟻害を防止―
写真のとおり、グレー色の防湿シートを基礎の底版となる部分にしっかりと敷き詰めることで、床下を乾燥した状態に保つため、土台、大引きといった構造木材の腐朽や蟻害を防ぐための防湿対策となります。

防湿シートの広めの高い所は住居部分の基礎スラブ、一段低い所が自動車の車庫となるビルトインガレージが出来上がる部分。白く見える捨てコンクリートが施工された外周部の低い所は基礎の立上り部分に、内部の低い所が地中梁になる部分で、建物を支える上でどれも重要な役割を担います。

―施工の良し悪しが品質を決定する―
現場点検したところ、防湿シートの繋ぎ目に黒色の防水用テープがしっかりと貼られ、破れもなく、良好な施工状態でした。建設材料の品質と性能が飛躍的に向上しましたが、施工方法の誤りで性能が十分に発揮されないということがしばし発生しています。例えば、強固なべた基礎といえども、防湿シートの施工の良し悪しで、その強度が永年維持できるかどうか少なからず影響してしまいます。

ただし、べた基礎の防湿シート敷きは、GarageHouse のような一定基準のべた基礎の場合、施工が不要とされていますが、防湿シートの透湿抵抗値は、コンクリートの比ではなく、しっかり施工されていれば、高い防湿効果が得られるはずです。

―全熱交換換気システムの性能を高めるべた基礎の湿気対策―
また、GarageHouse のべた基礎は、夏も冬も約18℃程度で比較的に安定している地熱を建物内の調温に利用しつつ、外気に直接触れる部分が基礎断熱となっています。全熱交換換気システムで外気を取り込み、室内と屋外の熱と湿度を交換した後、床下の空間を通りながら基礎から地熱を吸収し、床面の室内吸気口から新鮮な空気を部屋中に運びます。土中の湿気を完全に遮断し、余分な湿気を排除するため、底版のコンクリートがあっても、防湿シート敷きは必要であると判断しています。

全熱交換換気システムより、床下が湿っぽくならず、いつも新鮮で適温の空気が循環するので、構造木材の結露による腐朽やシロアリの被害を防ぐことができます。特に、GarageHouse の場合は、基礎部分の上に車庫となるビルトインガレージが出来上がるため、自動車の防湿対策として、べた基礎と防湿シートの二重構造がベストマッチングだと考えています。

今後も、施主の立場で現場の施工状況を点検するのは当然ながら、人の住まいとなる GarageHouse では、二重三重に災害に対する安全対策を積極的に講じてまいります。

Garagehouse(賃貸ガレージハウス)の最新情報を Twitter を利用してチェックしよう!