マルチな出口戦略と節税効果をもたらす収益物件とは

〔間取りの配置の自由が効くため、ロフトやフリースペースを設置できます。ロフトの床は、肌触りが柔らかい杉の無垢フローリングを敷き詰めています。〕

前回「競合が少なく長期安定収益が得られる収益物件とは」に引き続き、GarageHouse(賃貸ガレージハウス)の優位性をもち、競争力のある収益物件としての特長をご紹介いたします。続いて、2回目の特長として、多様な地形に対応し、維持管理が容易で、マルチな出口戦略と節税効果をもたらす理由は、以下のとおりです。

【多様な地形に対応】
マンション、アパート開発は整形地が好まれますが、 GarageHouseは間取り配置の自由が効くため、変形・狭小地でも建設することが可能です。
【維持管理が容易】
比較的に居住者の属性も高く、近隣とのトラブルが発生しにくい自主管理となるので、物件の維持管理コストがかかりません
【マルチな出口戦略】
収益物件としての売却だけでなく、賃貸併用住宅として借主に売却することや、オーナー自身が趣味や事業で活用することも可能です。
【節税効果】
GarageHouseは、駐車場や倉庫と異なり住宅に区分されるので、土地・建物の不動産取得税や固定資産税が軽減されます。また、相続時は、貸家建付地評価が適用されるので相続税も軽減されます。

―「投資家情報」ページ ―
投資家(オーナー)の方に GarageHouse の不動産投資商品としての優れた特性をコラム形式でご紹介する「投資家情報」ページを新設しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

お問い合わせ

独自性のあるGarageHouseを建設して、投資家としての賃貸事業を始めたい方、自己の居住スペースを確保した賃貸併用住宅として毎月の家賃収入を得ながら住宅ローンを返済したい方々に、GarageHouseの建設に係るノウハウを提供させていただきます。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせページからご連絡ください。

お問い合わせに進む

Garagehouse(賃貸ガレージハウス)の最新情報を Twitter を利用してチェックしよう!