競合が少なく長期安定収益が得られる収益物件とは

〔GarageHouse の特徴であるビルトインガレージ〕

GarageHouse(賃貸ガレージハウス) は、通常のアパート、マンションとは一線を画した独自性のある建物なので、他物件と差別化ができ、ほとんど競合しません。住まい手に快適で機能的な暮らしを提供するとともに、投資家(オーナー)には長期にわたり安定収益をが得られる賃貸用不動産です。
・「1LDK+α(フリースペース、ロフト)」の広い間取り
・希少な「ビルトインガレージ」
・戸建て感覚の「タウンハウス↥

前回の「賃貸市場の現状とその課題を解決する不動産投資とは」を解決するひとつの答えが「GarageHouse」です。優位性をもち、競争力のある収益物件としての特長を3回に分けてご紹介いたします。まず、1回目の特長として、競合が少なく、独自性のある賃貸物件が長期にわたり安定収益をもたらす理由は、以下の3つのとおりです。

【競合が少ない賃貸物件】
既にアパート、マンションは供給過剰となっており、空室率を高めに設定し、家賃を抑制せざるを得ません。一方、需要が多く競合の少ないGarageHouseは、空室率が低く、家賃を適正に設定できます。
【独自性のある賃貸物件】
大手ハウスメーカーのアパートやマンションは、敷地一杯に建物を建て、部屋を小さく区切ることで、事業規模(総工費)を最大化させるため、同じような賃貸物件が乱立します。一方、GarageHouse のビルトインガレージがある建物は、他物件と差別化でき、競合しません
【長期にわたる安定収益】
通常のアパート、マンションは、新築プレミアムが消える築5年以降に収益が低下する傾向があります。一方、 GarageHouseの入居期間は、長期化する傾向にあり、長期にわたり安定収益を実現します。

―「投資家情報」ページ ―
投資家(オーナー)の方に GarageHouse の不動産投資商品としての優れた特性をコラム形式でご紹介する「投資家情報」ページを新設しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

Garagehouse(賃貸ガレージハウス)の最新情報を Twitter を利用してチェックしよう!