賃貸市場の現状とその課題を解決する不動産投資とは

〔GarageHouse の特徴である戸建て感覚のタウンハウス〕

現在の日本の賃貸市場は、アパートやマンションなどの一般的な住宅が飽和状態となるなか、人口の減少にも関わらず世帯数の増加という問題に直面しています。一般的なファミリー向け収益物件は、経年とともに進む空室率の上昇や家賃の下落が顕著に現れる傾向にあります。また、大手ハウスメーカーが地主など資産家の相続税対策として、アパート建設を強力に営業推進し、同時に国も経済対策としての住宅建設をバックアップしたため、どの街でも同じデザインと間取りのアパートが立ち並ぶ光景が見られるようになりました。このような画一的な住宅では、需要と供給のミスマッチが起こり、収益を生むはずの不動産であったものが、貸すことも売ることもできない投資家(オーナー)を困らせる負動産と化した物件となってしまっている場合もあります。

一方、住まい手は、ありきたりな住環境や住宅性能に不満を抱えているだけでなく、実際に住替えや改善のための計画を実行しています。一般的な住宅の場合、借り手有利の時代となり、今後さらに価格競争にさらされ、満室経営を今後も維持できる保証はどこにもありません。つまり、これまで行ってきた賃貸経営の手法では、市場ニーズを満たすことができなくなりつつあります。このような状況下、投資家(オーナー)は、どのような不動産投資物件を選択すればよいのでしょうか。

【人口減少と世帯数増加】
人口が減少するものの、1人・2人世帯は増加しています。ワンルームやファミリータイプのいずれにも属さず、増加の一途をたどる少人数世帯のニーズにマッチした広く使いやすい1LDKの間取りは、希少であるため今後一層の需要が見込まれます。〔統計データ1,2参照

【需要と供給のミスマッチ】
民営の借家の89.7%はアパート・マンションが占め、戸建ては6.8%のみ。国民の65.0%は、プライベートが保たれる住まいを切望しており、需要と供給が完全にミスマッチとなっています。〔統計データ3,4参照

【既存住宅への不満】
単身、夫婦、親子の各世帯は、ありきたりな住環境や住宅性能に不満を抱えているだけでなく、実際に住み替えや改善のための計画を実行しています。〔統計データ5,6,7参照

これらの課題を解決するひとつの答えが「GarageHouse(賃貸ガレージハウス)」による安全な不動産投資です。
GarageHouse は、通常のアパート、マンションとは一線を画した独自性のある建物なので、他物件と差別化ができ、ほとんど競合しません。GarageHouse は、住まい手に快適で機能的な暮らしを提供するとともに、オーナーには長期にわたり安定収益をが得られる賃貸用不動産(収益物件)です。
・「1LDK+α(フリースペース、ロフト)」の広い間取り
・希少な「ビルトインガレージ」
・戸建て感覚の「タウンハウス型住宅」

―「投資家情報」ページ ―
投資家(オーナー)の方に GarageHouse の不動産投資商品としての優れた特性をコラム形式でご紹介する「投資家情報」ページを新設しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

お問い合わせ

独自性のあるGarageHouseを建設して、投資家としての賃貸事業を始めたい方、自己の居住スペースを確保した賃貸併用住宅として毎月の家賃収入を得ながら住宅ローンを返済したい方々に、GarageHouseの建設に係るノウハウを提供させていただきます。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせページからご連絡ください。

お問い合わせに進む

Garagehouse(賃貸ガレージハウス)の最新情報を Twitter を利用してチェックしよう!